WindowsのAutomatic Updates サービスを停止するコマンドなど

しょぼいXPのパソコンで、Windows Updateの自動更新のせいで svchost (wuauclt) のCPU使用率が
高くなってにっちもさっちもいかなくなったら、とりあえず Automatic Updates サービスを止めよというのは定番ですが、サービスを止める操作はコマンドプロンプトからできる。


sc stop でサービスを停止する。

sc stop wuauserv

sc config でスタートアップの種類を無効にする。

sc config wuauserv start= disabled

停止はnetコマンドでもできる。

net stop wuauserv


状態の確認は sc query。STOPPEDなので停止している。

C:\>sc query wuauserv

SERVICE_NAME: wuauserv
        TYPE               : 20  WIN32_SHARE_PROCESS
        STATE              : 1  STOPPED
                                (NOT_STOPPABLE,NOT_PAUSABLE,IGNORES_SHUTDOWN)
        WIN32_EXIT_CODE    : 0  (0x0)
        SERVICE_EXIT_CODE  : 0  (0x0)
        CHECKPOINT         : 0x0
        WAIT_HINT          : 0x0


サービスを開始するには stop のかわりに start を指示する。

sc start wuauserv
net start wuauserv

スタートアップの種類が無効だと開始できない。

C:\>sc start wuauserv
[SC] StartService FAILED 1058:
C:\>net start wuauserv
システム エラー 1058 が発生しました。

指定されたサービスは無効であるか、または有効なデバイスが関連付けられていないため
、開始できません。

スタートアップの種類を自動にする。

sc config wuauserv start= auto